HOME > 透析療法について
透析療法について
透析療法について
透析療法とは

腎臓に代わって人工的に体の血液を浄化する働きを代行する方法が透析療法です。
体外で人工腎臓(ダイアライザー)を使って血液中にたまった老廃物を取り除き、水や電解質のバランスを整え、きれいになった血液を再び体に戻すことをいいます。
透析に要する時間は、1回4~5時間、週3回が基本となります。


透析室の設備
逆浸透法精製水システム・・・
NRX-44P(ダイセン・メンブレン)
A液溶解装置・・・・・・・・
DRY-11A(日機装)
B液溶液装置・・・・・・・・
DRY-01(日機装)
多人数用透析液供給装置・・・
DAB-E(日機装)
透析用監視装置・・・・・・・
DCS-27 11台(日機装)
              DCG-03 4台(日機装)
              DCS-100NX 17台(日機装)
              ADB-26 1台(旭メディカル)

透析室概要

当院は「就業している患者さま」のため夜間透析を週3回行っております。
患者さまのニーズに出来るだけ応えたいと考えていますお気軽にご相談ください。

診療時間
 
午前8時30分開始
午後1時30分開始 - - -
夜 間 - - -
  午前8時30分開始 午後1時30分開始 夜間
- -
- -
- -

※最終入室時間は午後6時となっております。それまでにお越し下さい。

透析液水質管理について

オンラインHDFを行っているため、透析液の水質管理がとくに重要であり、日本透析医学会が定めた透析液水質管理基準をクリアし、清浄化された透析液を用い安全で効率的な血液浄化を行っています。

臨時透析(旅行透析)について

当院では、臨時透析を受け付けております。
旅行中・帰省中であっても、普段と同じ体調を維持して頂けるよう、普段のかかりつけ透析施設と限りなく同一の条件での治療を心がけています。

  • お知らせ
  • 診療科目
部門紹介
看護部
ナースステーション
リハビリ室
検査室
通所介護
訪問介護
居宅介護支援
栄養給食課
事務
透 析
透析療法とは
透析室概要
診療時間
透析液水質管理について
臨時透析(旅行透析)について
ページの先頭へ戻る